訪問フットケア
介護予防セラピスト中西です。

今日はちょこっと自分の話をさせて頂きます。
栄養士になるつもりで、受験した短大。
無事に資格は取れたものの、2年間のみっちり勉強ですっかり栄養士になる気は無くなりました。。。
就職した先は、某一部上場企業。
現場会社でしたが、私の配属先は作業事務。
9割が男性の会社でした。

26歳で結婚して28歳で妊娠。
妊娠中に産休取得は困りますと、会社に言われ続けて臨月でリストラ退職。

運良く協力会社より経理の席が空いてしまったのできて欲しい、とお声が掛かり産休明けより就職。
その会社で9年間お世話になりました。
その間に次男の出産、離婚とドラマがありました。

規模の大きくない中小企業の経理と言うこともあり、仕事は月の流れさえ把握してしまえば、子供の突発の体調不良でも対応できありがたい環境で仕事ができました。
しかし男の会社に女性一人きり。
心許せる友達もなく、仕事も毎月のルーティンワーク。
やりがいも楽しみもなく、会社に通う毎日につまらなくなってきていました。

そんな時に興味を持ち始めたのがアロマテラピー。
iyasi-5-1 独学でアロマ環境協会のインストラクター資格までを取得しました。
インストラクター資格も協会のプロ資格。
2度落ちて3度目でようやく合格したのでした。
子供を寝かしつけてから短大以来、机に向かい勉強をしました。
今、考えてもよくやったな~と思います。

その後、技術を学びたいと思いついたのがリフレクソロジー。
21254995思いついたらすぐに行動したいのが牡羊座!?
スクール探しが始まりました。
ここだ!と言うスクールに出会ったものの、リフレの開講は翌年予定。
ですが、先生の「これからはフットケアです。」の一言で翌月開講のフットケアに転向。
何しろすぐに動き出したかったのです。

実は・・・フットケアとはどんなものかも知らずに決めたのでした。
2007年の秋のことでした。
2008年春にはスクールも修了。
無事に卒業になりました。
しかし、そこからが苦労の始まりでもありました・・・

フットケアを仕事としていきたいけれど、子供もまだ手が離れていません。
次男はまだ保育園でした。
収入が減るのも困ります。
親子3人生活をしていかなければいけない訳ですから。

サロンワークは時間的に無理です。
夜遅くまでは働くことができません。
雇われセラピストでの時給では生活もできません。
男の子2人のマンション住まいでは、自宅サロンも無理です。

現実と理想の間で葛藤の日々でした。
当時のブログを読むと懐かしく思います。
http://ameblo.jp/pure-clover/

せっかく習った技術も使わなければ錆びてしまいます。
モヤモヤした日々だったな~

②につづく