神奈川県・介護施設へのフットケア導入はお気軽にご相談ください

女性の靴選びの悩み解決

介護予防セラピスト☆中西です。

男性よりも筋力がない、女性は合わない靴がトラブルに直結しやすいので注意が必要です。
いつも靴選びに悩んでいる方、多いのではないでしょうか?

そんな女性におすすめの本
湘南あしケア訪問サービス 女性に優しい靴選び 福原一郎 三一新書
❊画像はAmazon様よりお借りしました。

♦Amazon
女性に優しい靴選び
(三一新書)/福原 一郎

靴の種類からお手入れ方法、足のサイズの計りかたまで 丁寧に書かれています。
女性にやさしい靴選びの中でこんな文章がありました。

「日本では畳で生活していることもあって、玄関で靴を脱ぐ場合が多く、どうしても着脱の便利な靴が望まれるのでしょう。」

んんん・・・思い当たるコトがある方、多いのでは?

考えてみれば当たり前のように玄関で靴を脱いだり、履いたりしているけれどコレって他の国に行けば当たり前じゃないのですよね。
私たちが 「履きやすい靴」 と言う時って脱いだり履いたりしやすい靴 を指している時がありますよね。
でも、当たり前ですが

脱いだり履いたりしやすい靴 = 歩きやすい靴

というわけではないのです。

履き口が広くて、わざわざヒモの固定をする必要のない靴や、サンダルのようにスポッと足を入れて出かけることのできるタイプの靴は脱いだり履いたりはとても便利です。

でも・・・歩きやすいかと考えると山歩きに行くときにそのようなタイプは選ばないですよね。
欧米では家の中でも靴だし、玄関で靴を脱ぐ習慣もないのかな?
そうすると、靴選びのポイントに着脱しやすいっていうのはないのでしょうか?

でも、よくよく考えてみてください。
会社に出かけるときに靴を履きますが、脱ぐのは家に帰ったとき。
実は、そんなに脱いだり履いたりの回数って多くないです。
それなのに何故か、頭のどこかに脱ぎ履きしやすいっていうのが靴選びでも条件のひとつに入っている気がします。
もちろん着脱の回数が多い方や、ヒモがうまく結べない子供、かがむのが困難な方は重要ポイントになると思いますが・・・

試しに次回は、脱いだり履いたりが便利なことを頭から除けて、靴を購入してみてください。
そして歩きやすさなどを、比べてみて下さい。

きっと今までの靴の選び方の間違いを、体感できると思います。

記事をシェアする

Topics

あなたにオススメの記事

湘南あしケア訪問サービス 介護施設に入居されている高齢者足のケア

外反母趾はどこのトラブル?①

介護予防セラピスト中西です。 定期的にトリートメントに入っている患者さんやお客様の、外反母趾をストレッチやトリートメントでの改善を試みています。 まずは外反母趾になってしまう理由を機能解剖学的視点から、じっくりと自分の中

つづきを読む »
湘南あしケア訪問サービス 高齢者フットケア

腰のくびれはどこで作られる?

介護予防セラピスト☆中西です。 昨夜は月に一度の機能解剖学の授業。 Studio Pivot 私の施術は、トラブルを処置するだけではなく根本解決が目標。 例え、高齢者でもアプローチによって現状維持にとどまらず、身体の機能

つづきを読む »

Information

サービス・料金

湘南あしケア訪問サービスのサービス・料金
各種プランの比較はこちらから

会社概要

湘南あしケア訪問サービス 会社概要
詳細はこちら

お問い合わせ

高齢者フットケア導入相談窓口
資料請求はこちら

上部へスクロール