お問い合わせ 株式会社エスクリエーションとは 地域 セラピストになるには 導入のメリット 合わせて読みたい ビフォーアフター サービス・料金 セラピスト養成講座 よくあるご質問 お客様の声 公式blog お電話ください facebook twitter youtube
高齢者介護フットケア
なぜ? 痛くないの?
セラピストになりたい
費用は? メリットは?

湘南あしケア訪問サービス

高齢者 足のケア専門家・介護予防セラピスト 中西薫

「一日でも長く自分の足で歩き続けるために、足から全身を診ること」それが大切。

近頃、「フットケア」に注目が集まっていますが、「フットケア」とは何でしょうか?またなぜ、必要なのでしょうか?最近、美容目的のフットケアや、リラクゼーション目的の足裏マッサージなどが多くあり、若い方やお元気な方は気軽に利用できるようになりました。 しかし高齢になると情報収集や行動力に制限があり、サロンに出向くことが難しくなります。

高齢者に対してのフットケアとは「一日でも長く自分の足で歩き続けるために、足から全身を診ること」であり、「足をキレイにする」だけではありません。

元気な方は、足水虫・巻き爪などのトラブルで足を失うことは想像ができないでしょう。しかし例えば、糖尿病などの持病がある高齢者では、ほんの小さな足の傷が大きなトラブルに発展する可能性が大きいのです。だからこそ、「足を定期的に観察し、継続してケアする」フットケアが重要なのです。

高齢者の転倒の原因を研究したデーターに「足のトラブル」との関係が見られました。 トラブルがない足でも年齢が高くなると、転倒の確率も高くなります。 そこに足のトラブルを抱えていたらどうなるでしょうか?

巻き爪・外反母趾・タコ・ウオノメ・浮腫み・膝痛などのようなトラブルがあると普通に歩くことが難しくなります。身体のどこかに負担をかけながら歩くことになります。 無理をして歩き続けると、足のトラブルからさらに腰痛など、二次的なトラブルに発展する可能性も出てきます。そして歩く意欲がなくなると、転倒の確率はさらに高くなるのです。

歩くことが減ると、第2の心臓と呼ばれるふくらはぎのポンプ機能も落ち込みます。そうなると血行が悪くなり、冷えや浮腫みが強く出てきて免疫機能にも悪影響が出てしまうのです。

「皮脳同根」と言う言葉をご存知でしょうか? 皮膚と脳は元々外胚葉という同じ所から発生してできています。 皮膚に直接触れ働きかけるフットトリートメントは脳への刺激にも効果的です。

高齢者フットケアを継続して行く中で、足のトラブル改善以外にも、こころの変化、感覚の変化を感じていただけるケース も多く見受けられます。

足だけのトラブル改善だけにとどまらず、こころとからだのトータルなバランスを整えて行くうえでも、フットケアの効果は期待できます。

news