介護予防セラピスト中西です。

いくつになっても若く見られたい。
そう思うのが女ゴコロってものです。

お化粧をきちんとしても、何だか疲れた感じに見えてしまう。
電車の中で、窓に写った自分を見てガッカリ。
この頃、何だか老けた感じがするかも。

何てことにドキドキしながら生きているのが女性です。
実際の年齢よりも若く見える為には、どうしたら良いのか?
オンナの年齢はどこに出るのかを考えてみました。

1.顔(ほうれい線・肌のくすみ、たるみなど)
2.首(しわ)
3.鎖骨
4.うなじ
5.ふくらはぎ
6.腰周り
7.背中
8.肩
9.足首

まだまだ、ありそうです。

この頃、私が気をつけているのが 「背中」
もしかすると美人は背中が命なんでは?
と思うくらい、背中を意識しています。

背中の何を意識しているかと言うと、カーブ!

首から腰にかけてのラインが緩やかなS字を描くのが理想。
重たい頭を細い首にストレスなくのせておくには、このカーブが重要!

きれいなS字が背中にあると、上の写真のように腰がくびれてきます。
街中で歩いている後ろ姿に年齢が出てるな~って思うことありませんか?
電車で立っている女性の後ろ姿が、美しかったらお顔拝見したくなってしまいます。

もちろん後ろ姿が美しい人は、立ち姿も美しい!
そんな女性を目指して日々、夜な夜な努力している訳です(^_^;)

トリートメントを終えたお客様が、立ってお帰りになる時の後ろ姿がお迎えした時よりも若返っていると嬉しいです。
背中の美しさ、背中にアプローチすれば良い訳ではありません。

一体、今の姿勢の歪みがどこから来ているのかを探してい行きます。
フットセラピストとなので、足から調整して行くことが多いです。
足首にしっかりと動きを出して、柔軟にすることでも背中に変化は出てきます。

身体は繋がっています。
S字カーブは首にも負担がなくなり、肩凝りや腰痛にも良い影響があります。
どこを目的にするか!を決めても、そこまでの道のりは一つではありません。