介護予防セラピスト中西です。

先日、「小春さん」と言うお名前の90代女性のフットケアを行いました。
春子さん、桜さんと伺うと4月のお誕生日かしら?と思う単純な私です。

小春さんにも誕生日月を伺うと、やっぱり4月でした♪
その後に続いて「お給料日よ」とおっしゃるので大笑い。
25日だそうです。
90代でも25日はお給料日と言う感覚なのに少々、おどろきでした☆

小春さん、給料日に産まれただけにお金には苦労しない人生だったとか。
私が4月15日なことを打ち明けると、残念そうな表情・・・
はい・・・しっかり働きます~

小春さんのお姉さんはとても美人だったので、勝てないと思った小春さんはお肌のお手入れは欠かさずに今でも続けているそうです。
顔の造りは親からもらったもので変えられないけれど、肌の美しさは努力でどうにかなる!
そう言い切る小春さんのお肌はツルツル。
キメが細かくて本当にキレイです。
毎日、お手入れすれば年齢を重ねた時に差がつくのですね。
湘南あしケア訪問サービス 肌のお手入れとフットケア

お顔のお手入れを怠らずにいらっしゃる90代の小春さんですが、足のお手入れは残念・・・
爪はかなり長く伸び、変形も進んでいます。

まずは長くなった足の爪を短く整えていくと、「足が軽くなっていくのね」とのご感想。
これはよく伺うご感想のひとつです。
実際に足爪がキレイに整うと、身軽になって歩き出したくなるのかもしれません。
湘南あしケア訪問サービス フットケア 高齢者の足の爪キリ

おしゃれは足元からと言う言葉もあります。
お顔のお手入れだけでなく、足の方も気にかけてくださいね。

最後に個人的にすんごく興味がある質問を・・・
「どんなお手入れをしているのですか?」と聞いてみました。

「大したことはしないけど、化粧品はケチったらだめよ。」と・・・
お高いものを使いなさいとのことでした(汗)

そして「ごめんなさいね~」と笑われてしまったのでした。
なんで笑われたのでしょうか(^_^;)

ともかく「美は一日にしてならず」です。
私も見習って、しっかりお手入れすることにします☆