どんな仕事でも、スムーズに進めるために大切な要素は「コミュニケーション」ではないでしょうか?

私たちもフットケアサービスを提供し、お客様と接する上でとても大切だと思っています。

特に私たちのお客様のほとんどは、施設にご入居している高齢者です。

多くの方は何かしらの疾患をお持ちです。

認知症の方も少なくありません。

コミュニケーションは、お客様や施設のスタッフとの意思疎通に使うのは当然ですが・・・

実は、、、施術の中でのコミュニケーションは、他にも目的があります。

コミュニケーションは知覚を活性化するツール

私たちが提供している施術は約30分です。

その中でのコミュニケーションを挙げてみましょう。

①言葉(挨拶・会話など)
②皮膚(保湿・マッサージ・爪切り)
③香り(クリームなど)

全てのコミュニケーションは「刺激」と言えます。

自分の内側を言葉にしてもらう

①言葉にする効果


たいてい、施術に入る前にご挨拶をして、お客様の体調を伺います。

「体調はいかがですか?」との私からの問いかけに「あまり良くない」「まあまあ」などの返事があります。

さらに問いかけます。「どこが良くないですか?」「まあまあっていつもと同じってことですか?」

当たり前の会話ですが、ご自分の体調を客観的に観察をしてもらいたいとの、意図があります。

具合が悪いならば、何か心あたりがあるのか? いつから悪いのか? 不安に感じているのか?

発熱や、どこかが腫れているなどの症状があれば、もちろん施設のスタッフが対処をして下さっています。

でも、対処する程度でない、どこかだるい、何となく重いって感じは、周りどころか本人も見過ごしがちです。

そこに問いかけることで、ご自分との対話のきっかけをつくります。

施術中もできるだけ、会話をするようにしています。

毎回、同じ内容の方もいらっしゃいますが、そこから少しずつ幅を広げていきます。

男性だとお仕事の話し、女性だと家族のことが多いですが人それぞれ。

ご本人が話したいことから、その時の状況や気持ちなどを問いかけていくと、口数が少ない方でも多くのことをお話しして下さります。

人は誰でも自分のことを理解してもらいたい、との欲求があります。

短時間ではありますが、その欲求の少しでも解消をすることができれば、お客様の気持ちの落ち着きになるのではないかと考えています。

そして自分の気持ちや、過去の出来事を言語化して伝える、と言う行為は脳への刺激です。

言葉・会話というコミュニケーションによって、理解してもらいたいとの欲求の解消だけでなく、脳への刺激になりリハビリ効果が期待できると考えています。

お客様の言葉に真剣に耳を傾ける

今日のお客様は90代の女性。

小指にウオノメができ、痛みのケアをしていました。

「もう90を過ぎたから、いつ死んでも不思議ではないけれど、痛いのは辛いのよ。」

できれば死ぬまで、痛みなく楽に生きたいの。」

痛みの訴えは他の人にもしたかもしれません。

でも、痛くて辛い、死ぬまで楽に過ごしたいとの気持ちを打ち明けて下さったことに、意味があると思うのです。

私たちは施設のスタッフでもなく、家族でもない、第3者的な立場です。

でも、短い時間ではありますが、お客様の言葉のひとつ、ひとつに全力で耳を傾けます。

きっとその姿勢はお客様にも伝わってるはずです。

だからこそ、ご自分の気持ちをポツリと言葉にして、伝えてくださるのです。

様々な認知症の予防のトレーニングが出てきています。

計算や漢字のドリルなども効果があるのだと思いますが、真剣に耳を傾けてくれている相手に向かって、自分の気持ちを伝える行為も脳への刺激になるはずです。

そして、たった一人でノートに向かうドリルよりも、おそらく効果はあるはずです。

ご自分の気持ちや、過去の出来事をお話しくださるお客様は、表情が豊かになります。

また、言葉もハッキリと聞き取りやすくなります。

過去を振り返り涙を流す方、笑ってしまうエピソードに一緒に爆笑。

そんな場面も多々あります。

お客様を主人公にした会話、これはきっと脳への刺激です。

そしてリハビリです。

<言葉にする>この誘導も、ケアの一部なのです。